2008年12月02日

きちんとイベントしてくれる紫藤さんが好き!:バトラーズ 〜召しませお嬢様〜

バトラーズ 〜召しませお嬢様〜
紫堂龍哉を攻略しました。

バトラーズ ~召しませお嬢様~

キャストはこちらです。
右京真治(氷河流)
藤盛鉄太(一条和矢)
杉浦祐樹(川椰珱)
クリス・ブレア(魁皇楽)
紫堂龍哉(ヘンリー・バロウズ)
山田(如月春男)
大隈正好(一一)
敬称略。

続きからです。



紫堂さんって女性を口説くのが仕事ってくらい
甘いセリフを言うので
正直警戒してしまうのですけど
「月見酒」のイベントで
ちょっと紫堂さんに対する気持ちが
変わったかな・・・
って思います。
どこまでが本気なのかは
なかなかつかみにくいのですけど
気が付いたら紫堂さんワールド
引き込まれていました。
時々紫堂さんが何を言っているのか
分からないくらい
聞いたことが無い口説き文句を
言ってくれます(笑)

お屋敷の他の男性たちとは違って
紫堂さんの場合
ライバルになる女の子がいるので
やっぱりちょっと
妙なドキドキ感と言うか緊張感と言うか
相手がお嬢様と言う事もあって
ストレスもありますね〜・・・。
ちょこちょこっとは
ひいきしてくれたりもしてくれますけど
自分だけを一途に見て欲しい・・・と思うと
ちょっと難しいかもしれません。

それにしても紫堂さん・・・。
やっぱりと言うかラブシーンが
ものすごく濃かったです・・・。
なんと言っても良かったのは
少しずつ距離が縮まったうえで
その時を迎えた・・・と言うことですね〜・・・。
杉浦くんや藤盛さんは
キスして即ラブシーン突入って言うところが
どうしても納得いかなかったのですけど
紫堂さんの場合はキスシーンから
その先に進むまでに
きちんとデートしたりして
イベントをこなしていたので
その辺は良かったな・・・って思います。
キスだけでおしまい・・・
と言う紫堂さんの行動に
ちょっぴり物足りなさを
感じた時もあったのですけど・・・。

ラブシーンは2回で
1回目のラブシーンでは
「お嬢様」として
ちょっと遠慮がちに扱われていた気が
するのですけど
2回目は完全に遠慮なしと言う感じで
荒々しい感じの紫堂さんに
かなりドキドキしました・・・。
紫堂さん〜/////
Under the moon」をプレイされていると
スチルなどについては
ちょっと物足りないと
思われるかもしれませんけど
これは乙女ゲームとしては
ちょっと上級者向きと言うか
別格だと思いますので・・・。

紫堂さんルートでは
紫堂さんとの事を心配する右京さんにも
かなりキュンときました!
右京さんと紫堂さんが言い争うシーンを
のぞき見した時は
かなりときめきましたよ〜vv
過保護な右京さんに胸キュンです〜っ!
そしてそして!!
いつもとは違って真剣な
そしてちょっと怖い紫堂さんにも
ものすごくキュンキュンしました!!
杉浦くんもホントに可愛かったです。
お屋敷のみんな
彼氏としてもそうでなくても
本当に大好きです!

ずっと紫堂さんの髪型へのこだわりについて
気になっていたのですけど
エンディングでの紫堂さんに
めちゃめちゃときめきましたよーv
最初からこの顔で現れたら
きっと本命候補になってたと
思うんですよね〜・・・。
すっごくカッコ良かったです!
惚れ直しましたーっvv


☆おまけ情報☆
バトラーズ〜鈴蘭屋敷の異邦人〜Vol.3 紫堂編
曲目リストはこちらです。
01〜04:ドラマ「鈴蘭屋敷の異邦人」第3話
05   :紫堂イメージソング「Awake from ZERO」
06   :紫堂スペシャルモノローグ「愛しいお嬢様へ」
07〜09:紫堂スペシャルモノローグ「Bed Time Talking」
10   :次巻予告
11   :フリートーク・ヘンリー・バロウズ(紫堂 龍哉役)
12〜47:紫堂スペシャルモノローグ「執事ボイス集」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。