2008年12月22日

BGMも大人っぽいv:バトラーズ 〜召しませお嬢様〜ナイトモード

バトラーズ 〜召しませお嬢様〜ナイトモード
藤盛鉄太を攻略しました。

バトラーズ ~召しませお嬢様~ナイトモード

キャストはこちらです。
右京真治(氷河流)
藤盛鉄太(一条和矢)
杉浦祐樹(川椰珱)
クリス・ブレア(魁皇楽)
紫堂龍哉(ヘンリー・バロウズ)
山田(如月春男)
大隈正好(一一)
敬称略。

続きからです。



ナイトモードでのラブシーン・・・。
ついに来ましたよ〜・・・。
公式サイトでも書いてあった通り
バトラーズ 〜召しませお嬢様〜」本編での
ほのぼのしたラブシーンとは
雰囲気がかなり違うな・・・
って思います。
BGMまでかなりアダルティーな感じに
変わってますね〜(笑)
確かに主人公の雰囲気は
ちょっと変わっちゃったかな・・・
とも思いますし
こちら側から飛び込んでいくと言うか
ノリノリな感じが
ちょっと抵抗ありますけど
シーンそのものは男性である藤盛さんが
あくまでリードしてくれている
ので
ほのぼのがちょっと物足りなかった人には
良いのかも・・・って思います。
主人公に思い入れがあったりすると
ちょっとダメかもしれませんけど・・・。
確かにラブシーンに対する気持ちは
バトラーズ 〜召しませお嬢様〜」本編と
バトラーズ 〜召しませお嬢様〜ナイトモード
とでは違いますね〜(笑)
表現も結構直接的な部分もありますね・・・。

ラブシーンについては
新しく追加されたものは
2回+エンディングにちょっと・・・
と言う感じなのですけど
それ以外に夜に徘徊すると
ちょこちょこと
いちゃいちゃするシーンがあります(笑)
スチルは同じですけど
テキストは違います。
藤盛さん・・・。
あの気さくな頼れるお兄さん
と言う雰囲気から全く変わって
かなりダークな感じでビックリですね〜・・・。
ナイトモードルートでは
イケイケなお嬢様になってるので
藤盛さんとの関係も
藤盛さんが言いなりな感じだと嫌だな・・・
と思っていましたけど
あくまで男性優位と言うところは
変わらないです。

エンディングもブラザーズ 〜もっと恋するお兄さま〜
の方がもっと暗くてバッドだったかなって思います。
確かにほのぼのラブラブ、
ハッピーなラストと言う感じでは無いですけど
バッドエンドともちょっと言えないような
エンディングの1つの形かなって感じでした。
もっと恋するお兄さまでは
お兄さまたちそれぞれ
ショックな展開も多かったのですけど
それほどショックな展開も無かったかな
って思いました。
ただ全く雰囲気は違いますので
イケイケなお嬢様が受け入れられ無かったり
と言う事なら
バトラーズ 〜召しませお嬢様〜本編のみプレイするのも
アリなのかなって思います。
執事たちの新しい一面が見られて
私的には面白かったですv


☆おまけ情報☆
バトラーズ〜鈴蘭屋敷の異邦人〜Vol.4 藤盛編
曲目リストはこちらです。
01〜04:ドラマ「鈴蘭屋敷の異邦人」第4話
05   :藤盛イメージソング「絶対、君と」
06   :藤盛スペシャルモノローグ「愛しいお嬢様へ」
07〜09:藤盛スペシャルモノローグ「Bed Time Talking」
10   :次巻予告
11   :フリートーク・一条 和矢(藤盛 鉄太役)
12〜51:藤盛スペシャルモノローグ「執事ボイス集」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。