2009年03月21日

徳丸さん、大好きv:ロイヤルズ 〜誘惑の王子さま〜

ロイヤルズ 〜誘惑の王子さま〜
アッシュ(徳丸家近エンディング)
を攻略しました。

ロイヤルズ ~愛しの王子さま~ロイヤルズ ~誘惑の王子さま~
プレイするためにはロイヤルズ 〜愛しの王子さま〜
本編のディスク(画像左)が必要です。

キャストはこちらです。
アッシュ(魁皇楽)
徳丸家近(加藤一樹)
サイード・ビン・ジャーシム(一条和矢)
エリアス・マヌグス(悠輝タクト)
イアン・グリーク(四季透)
セバスチャン・アクランド(如月春男)
カイザー(一条和矢)
敬称略。

続きからです。


きゃ〜vvv
すっごく萌えるストーリーでした/////
アッシュと徳丸さんと言う
私的にたまらない組み合わせと言う事も
ありますけど
二人のVS具合もほどよくてたまらなかったですv
徳丸さんが特にたまらないですよ〜v
あのこっそり具合と言いかなり萌えですvv
本来徳丸さんってこういう人だと思うんですよ〜・・・。
イアンルートでの徳丸さんは私の中では
無かった事になっていますし
徳丸さんルートでの徳丸さんの黒具合は
それなりに萌えだったのですけど
やっぱりこういう親友の事も大切に想っていて
恋愛の方はかなりもやもや悩んでいるところが
徳丸さんらしかったと思いますし
もしかしたらこのルートの徳丸さんが
私は1番好きかも・・・と思います。

アッシュに関しても
ロイヤルズ 〜愛しの王子さま〜本編よりも
情熱的だったと思いますし
サイード王子ルートでのアッシュも
私は正直好きなのですけど
こういう嫉妬の仕方の方がより萌えますね〜・・・。
アッシュ〜vvv
ラブシーンも私的にはかなり良かったと思います。
秘密の道具を使ったラブシーンは
え・・・。
と思うものも結構あったのですけど
アッシュのものは全然大丈夫でした(笑)
二人の関係もアッシュとは
素直に甘えられたりして
それにアッシュも自然と応えてくれて
なんだかすごく良い感じだったと思います。
もともとアッシュはよく頭をなでてくれたりして
お兄さんポジションだったので
そんなところも関係あるのかもしれませんね〜・・・。

エンディングは2種類で
恋人だったアッシュを忘れ
徳丸さんと迎えるエンディングと
初恋を貫いてアッシュと迎えるエンディング
があります。
まず徳丸さんとのエンディングですが
これがほんとにたまらないんですよ〜vv
徳丸さん〜〜〜v
一つだけ残念だったのが
追加ディスクのロイヤルズ 〜誘惑の王子さま〜
他の王子様ルートでは
VS関係になる王子様とのラブシーンも
それぞれワンシーンずつ用意されていたのですが
徳丸さんのみお誘いを振りきってしまうんですよ・・・。
ただそのシーンがかなり私の中でグッと来たので
ここは納得できたのですが
徳丸さんとのラブシーンも欲しかったですね〜・・・。
でも徳丸さんの事はますます好きになりました。
あの切ない声や思いつめた表情や
苦しそうな顔が本当に忘れられ無くて
このシーンは泣けました。

エンディングでは徳丸さんが
ずっと変わらず一途に想ってくれていて
その後も恋人だったアッシュの事を思い出して
ちくりと胸が痛む事はあっても
徳丸さんとの新しい穏やかで
幸せな未来を掴んでいる様子が
描かれていて
バッドエンドとはまた違った形の
エンディングでは無いかな・・・
と思います。
今まで見てきたエンディングの中でも
1、2を争うほどの
好きなエンディングかもしれないな・・・
と思いました。
こんな風に想ってくれて大切にしてくれるなんて
本当に幸せ・・・v
徳丸さん、大好きですvvv
アッシュとエンディングを
迎えられなかったと言うことと
アッシュの未来に関しても少し描かれていて
その様子にはやっぱり穏やかな気持ちでは
いられなかったのですけど
徳丸さんの事だけを考えると
かなり私的にはキュンと来るストーリーでした。


☆おまけ情報☆
攻略本はこちらです。
ロイヤルズ 〜愛しの王子さま&誘惑の王子さま〜 公式ビジュアルファンブック


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

乙女ゲーム(18禁):ロイヤルズ ~誘惑の王子さま~
Excerpt: 「ロイヤルズ ~誘惑の王子さま~」(乙女ゲーム/18禁) 【出演声優】 魁皇楽 加藤一樹 悠輝タクト 一条和矢 四季透 如月春男(攻略対象外) 【スペック】 対応OS:Windows 2000..
Weblog: ☆乙女のためのゲームカタログ☆
Tracked: 2009-03-21 18:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。