2009年03月22日

アッシュの愛に胸キュンv:ロイヤルズ 〜誘惑の王子さま〜

ロイヤルズ 〜誘惑の王子さま〜
アッシュ(アッシュエンディング)
を攻略しました。

ロイヤルズ ~愛しの王子さま~ロイヤルズ ~誘惑の王子さま~
プレイするためにはロイヤルズ 〜愛しの王子さま〜
本編のディスク(画像左)が必要です。

キャストはこちらです。
アッシュ(魁皇楽)
徳丸家近(加藤一樹)
サイード・ビン・ジャーシム(一条和矢)
エリアス・マヌグス(悠輝タクト)
イアン・グリーク(四季透)
セバスチャン・アクランド(如月春男)
カイザー(一条和矢)
敬称略。

続きからです。


アッシュルートで迎えられるエンディングは
2種類で
徳丸さんとのエンディングと
アッシュとのエンディングです。
徳丸さんとのエンディングの感想はこちら
他の王子様の中には
かなりダークな雰囲気のものもありましたけど
アッシュに関しては
良いエンディングだったと思います。
VS状態になる徳丸さんのその後の様子も
描かれていて
かなりきゅんと来るものでしたけど
アッシュと徳丸さんの関係は
ずっと変わらずに友人でいると言うのが
徳丸さんらしいエンディングだったと思います。
この様子だとたぶんアッシュは徳丸さんとの事は
知らないんでしょうね〜・・・。

徳丸さんの事はちくりと胸が痛みますけど
アッシュとの事だけを言えば
ロイヤルズ 〜愛しの王子さま〜本編で見たエンディングと
少し似たところはありましたけど
その時よりもちょっと情熱的だったかも・・・
と言う感じがして私としては
かなり好きなエンディングです。
本編のエンディングでは
もう少しアッシュの気持ちが知りたいと言うか
アッシュから愛を感じたかった
と言う思いが残ったのですけど
今回はアッシュからの愛をとても感じて
すごく幸せな気分でした。
徳丸さんとの事を思うと・・・と言う意味では
バッドエンドだと思いますけど
アッシュとの事だけなら十分ハッピーな内容かな・・・
って思いますね〜・・・。


これでフルコンプとなりますので
総評に行ってみたいと思います。
アッシュか徳丸さんか・・・。
これは今回は引き分けで・・・。
アッシュルートを見るまでは
今回はアッシュかな・・・
と言う気持ちだったのですけど
アッシュルートの徳丸さんが
非常に胸キュンだったので
最終的にはどちらをより好きか
決めることが出来なくなってしまいました。

対立状態になる王子様のシーンで
とても印象的だったのは
サイード王子ルートでのアッシュと
アッシュルートでの徳丸さんとのシーンが
すごく良かったです。
お相手(恋人である王子様)の事を
その時だけはすっかり忘れてしまいそうになるほど
かなりきゅんと来ました/////
アッシュの思いつめた表情や
情熱的に迫ってくる様子なんてたまらなかった
です。
徳丸さんは逆にすごく切なくて
かなりときめきましたvv
ちょっと怖い徳丸さんが多かった中で
このシーンでの徳丸さんに
かなり癒された感じがします。

恋人である王子様とのシーンでは
やっぱりアッシュとのシーンが
私は好きかな・・・って思います。
今回ラブシーンでは
「秘密の道具」を使うところがあるのですが
アッシュぐらいの方が
私には受け入れられますね〜・・・(笑)
徳丸さんやイアンとのシーンは
私はちょっとショックで・・・。
エンディングはダークなものも
やっぱりありましたけど
ほのぼの路線のものもあって
私としては良かったです。
私が好きなアッシュや徳丸さんとのエンディングが
ほのぼの路線だったので
これはかなり嬉しいですvv
ティアラモードさんの作品の中では
ほのぼのハッピーなものが好きな方でも
安心して迎えられるエンディングも
今回は結構あったと思います。
あまり暗くて陰湿な感じのエンディングだと
私はちょっと苦手かな・・・。
今回はやっぱり追加ディスクまで見た方が
より楽しめる内容だったと思います。
本編だけだと正直ちょっと物足りなかった部分も
ありましたけど
これですっきりしました(笑)


☆おまけ情報☆
攻略本はこちらです。
ロイヤルズ 〜愛しの王子さま&誘惑の王子さま〜 公式ビジュアルファンブック


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。