2009年08月08日

星の王女:望月蒼(バッドエンド)

星の王女
望月蒼(バッドエンド)を攻略しました。

星の王女

出演声優さんはこちらです。
立花和希(CV:紫花薫)
望月蒼(CV:プログレス)
古賀雅也(CV:一条和矢)
中家翔馬(CV:堀畑靖)
田中康平(CV:桜坂幸平)
木村望(CV:瓶野良夢音)  
里見修二(CV:富士爆発) 
相馬隼人(CV:一条和矢)
月影葵(CV:かわの亜衣)  
吾妻木薫(CV: 大谷美鈴)
藤村(CV:名古屋竜太)
敬称略。

続きからです。

お兄ちゃんにそっくり・・・と言う蒼さんですけど
お声は別の方が演じていらっしゃいます。
蒼さんルートで初めて知ったのは
お兄ちゃんがコピーライターだったって事です。
感性を要求される仕事に
二人とも付いていたと言う点は
共通点だって言って良いのかな・・・って思います。
葵さんも蒼さんルートでは登場するんですけど
ひっそりと想ってくれている様子で
なんだか複雑な気持ちですね〜・・・(笑)

蒼さんとのエンディングは4種類で
バッドエンド2種類と
ベストエンド、グッドエンド
と言う感じになっています。
まず2つのバッドエンドですが
こういうパターンは初めてです。
もう、切なすぎますよーーーっ!
ここまで来る間には
スチルに矛盾があって苦笑したり
・・・は?
みたいなところもあったんですけど
蒼さんのストーリーを見て
全てチャラになった感じがします(笑)

不幸続きでここまで並べばすごいな・・・
なんてうっすら思いながら
進んで行ったんですけど
蒼さんが・・・。
とにかく蒼さんがすごく良いんですよーーーっ!
号泣ですっ!!
1つ目のバッドエンドでは
不幸続きの最後を
蒼さんと迎えることになる
エンディングなのですけど
献身的でここまで深い愛情を見せてくれた人は
いなかったかも・・・ってくらいです。
バッドエンドですので
その悲しい結末が予想されて
ますます泣けたのかもしれませんけど
蒼さんの献身ぶりも泣けるところだったと思います。
一番印象的なのは
やっぱり蒼さんが夜の遊園地に
連れて行ってくれたことかなって
思いますね〜・・・。
そんなお金どこに!?
とか若干思いましたけど
あまり深く考えると感動が薄れるので
そこはなるべく考えない方向で
蒼さんの気持ちに素直になってみました(笑)
ストーリーもとても丁寧な作りだったと思います。

もう1つのバッドエンドでは
不幸な最後を一人で迎えると言うものなんですけど
先に二人で迎える方を見ていたので
最後の蒼さんの
ぼんやりと何か考えている表情が
とても切なくてボロボロ泣きました・・・。
ただ主人公の行動は私的には
ちょっと納得いかないかな・・・
って感じです。
変に蒼さんに想いを残すようなものは
どうなのかな・・・と言うか・・・。
蒼さんがあまりに深い愛情で包んでくれていたので
どうしても蒼さん寄りの気持ちに
なってしまったんですよね〜・・・。
これだと残された蒼さんは
なかなか前に進めないんじゃないのかな・・・
って思いました。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。