2009年10月18日

星の王女2:田中康平

星の王女2
田中康平を攻略しました。

星の王女2

出演声優さんはこちらです。
田中康平(CV:霜月亮平)
里見修二(CV:富士爆発)
相馬隼人(CV:成田剣)
立花和希(CV:紫花薫)
信司 (CV:紅大君)   
堂本広(CV:沖野靖夫)
篠原達也(CV:多恵忍)
木村望(CV:紫原遥)
月影葵(CV原田ひとみ)
敬称略。


続きからです。

幼なじみの康平もお声の方は
前作星の王女とは変更になっています。
前作ではせっかくの幼なじみで
ずっと好きでした設定だったんですけど
私的にはちょっと残念なところもあったので
ちょっと早い段階で攻略してしまったんですけど
今回はずいぶん雰囲気が違って
本当に別人の様ですよーっ!
幼なじみでずっと好きでした的なところは
もちろん同じなんですけど
大切にしてくれる人になってました(笑)
私は今回の康平の方が
断然好きですっ!

康平には過去編があります。
相馬先生ルートでも登場しているので
驚かなかったんですけど
相馬先生ルートでは自分が過去において
相馬先生の妻と言うポジションでしたが
今回はなんとお姉さんと言う
微妙な位置づけでした(笑)
姉弟なんですけど弟(過去の康平)の方は
なんとなくもやっとしているところが見られて
そこはちょっとニヤッとしちゃいました(笑)

エンディングはバッドエンドが2種類と
ハッピーエンドです。
まず1つ目のバッドエンドでは
選択肢後よく分からないまま進んで行って
すれ違っておしまい・・・
と言う感じですね〜・・・。
しかも親友の春子と堂本くんが
カップルになってしまって
なんだか一人ぼっちで悲しかったです。
春子はすごく良い子なので好きなんですけど
堂本くんとはルートもあるので
ちょっぴり複雑でした(笑)

2つ目のバッドエンドは
最後の選択で分岐します。
親友の春子が康平が所属する
サッカー部のマネージャーと言う事もあって
二人の仲を勘ぐって
下手な遠慮したばかりに
幼なじみの関係を超えられなかった
と言う感じですねー・・・。

ハッピーエンドでは
幼なじみの関係を超えて
無事エンディング・・・となるんですけど
ここまでの流れの中で
康平の気持ちは
十分伝わっているハズなんですけど
なぜかカップルになるまでには
時間がかかってましたねー・・・(笑)
ハッピーエンドでのみ
ラブシーンが1度ですがあります。
康平はすごく優しいですし
めちゃ愛されているっていうのが
伝わってきて
すごく良かったですv
甘かったですーvv


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。