2009年10月26日

星の王女2:立花和希

星の王女2
立花和希を攻略しました。

星の王女2

出演声優さんはこちらです。
田中康平(CV:霜月亮平)
里見修二(CV:富士爆発)
相馬隼人(CV:成田剣)
立花和希(CV:紫花薫)
信司 (CV:紅大君)   
堂本広(CV:沖野靖夫)
篠原達也(CV:多恵忍)
木村望(CV:紫原遥)
月影葵(CV原田ひとみ)
敬称略。


続きからです。

お兄ちゃんとのエンディングは2種類です。
2つのストーリーは
全く違った雰囲気で
1つは前作星の王女のお兄ちゃんとのストーリーが
一部無かった事になっているもので
ハッピーエンドと言えば
ハッピーエンドなのかな・・・って思います。
ラブシーンはこちらのみとなります。
こちらのストーリーの良かったところは
何と言っても
視点の切り替えがある所ですね〜・・・。
自分視点とお兄ちゃん視点で
ストーリーが展開されていて
同じシーンでもお兄ちゃんが
その時にどんな気持ちでいたかが分かります。
ヤキモチ妬いているお兄ちゃんが
たまりませんーーーvv


ラブシーンも優しいのはもちろんですけど
情熱的なお兄ちゃんが見られて
かなりときめきですv
ラブシーンでもお兄ちゃん視点で
語られる部分があって
かなり萌えますーvv

もう一つのストーリーでは
お兄ちゃんとの前世(?)
についても語られていて
悲恋ですけどすごく良かったです。
キスシーンはありますけど
残念ながらラブシーンはありません(笑)
こちらは本当に切ないんですよ〜・・・。
前世がまた切ないんですよ〜・・・。
お兄ちゃんとは
なかなか幸せな結末が迎えられないみたいです・・・。

どちらもそれぞれ良かったですね〜・・・。
全く違う雰囲気のストーリーなので
その辺りで若干違和感は感じますけど
別ものとして
お兄ちゃんとの恋愛のみを楽しめば

それはそれで良いのかな・・・って思います。
ただ2つめのエンディングは
里見教授ルートから入るので
その辺りがどうなのかな・・・
とは思いますね〜・・・。
里見教授が好きだったはず・・・
と言う部分が
ちょっと気になります(笑)


これでフルコンプとなりますので
総評に行ってみようと思います。

メーカー的には里見教授が
本命だと思うんですけど
私は断然篠原くんが好きですvv
サブキャラもいいところな感じなんですけど
今回の私のイチオシは篠原くんです/////
お声はもちろんですけど
見た目とのギャップも良かったですv
チャラっとしてるのかと思ったら
ゆっくりと恋愛段階を踏んでくれるところが
激しくときめきましたvv

堂本くんもかなり良かったです♪
こちらも幼なじみの康平が
メインなハズなんですけど
サブキャラと思われる堂本くんの方が
ときめきました(笑)
ラブシーンでの堂本くん
かなりカッコ良かったんですよーvvv

ストーリー的には
お兄ちゃんも切なくて好きです。
もちろんお兄ちゃん自身も好きですvv
全体的に前作星の王女よりも
好きかな・・・って思いますけど
泣けたのは前作の方が泣けたかも・・・って
感じですね〜。
蒼さんがホントに
めちゃめちゃ泣けたので・・・。
今回はお兄ちゃんルートで
うるっと来ましたけど
蒼さんの時ほどでは無かったかな・・・
って思います。
続編の製作が発表されていますので
そちらも楽しみです♪




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。