2010年03月08日

すみれの蕾:鈴城カナデ(学園編)

すみれの蕾
鈴城カナデ(学園編)を攻略しました。

すみれの蕾

出演声優さんはこちらです。
鈴城カナデ(CV:先割れスプーン)
夜凪トウワ(CV:皇帝)
東清一郎(CV:プログレス)
日下部ハル(CV:平井達矢)
ユキ(CV:木島宇太)
淳ヒカリ(CV:紺野綾)
ムツキ(CV:大石ケイゾウ)
有馬隼太(CV:大石ケイゾウ)
早坂サツキ(CV:君影ミヤビ)
敬称略。


続きからです。

もう、最初から決めてましたーっ!
子供のころの回想シーンは
何度見ても泣けますよー・・・。
どんな気持ちでカナデが
あんなふうに言ったのか
ひしひしと伝わってくるだけに
うるっと来て仕方ないんですよねー・・・。

学園編でのエンディングは
5種類で
バッドエンド2種類とグッドエンド2種類に
ハッピーエンドとなります。
学園編なのにちょっと多めですよね〜(笑)

まずバッドエンドですけど
こちらラブシーンありです。
えーーーっ!!
ここまでのパターンからみて
学園編は無しとふんでいたので
ちょっと安心しきっていたんですよ〜・・・。
ところがこの展開ですよーーーっ!!!
きゃーーーーーっ!!!!!
思いつめたカナデに胸キュンですー/////
ラブ、カナデっ!!
愛してるーーーっ!!!
バッドエンドなので
エンディングは切ないんですけど
ラブシーンでの
情熱的で
ものすごく好きで好きで仕方ない・・・
といったカナデが見られたので
それだけで満足でした(笑)

2つ目のエンディングはグッドエンドです。
1つ目のバッドエンドと
基本的なストーリーは同じで
ラブシーンの追加があります。
えぇーーーっ!!!
学園編から飛ばしてきますね〜〜(笑)
こちらカナデとお付き合いしますv
あんなにシャイで素直じゃなくて
ツンツンしていたカナデが
付き合い始めた途端
急変ですよ〜〜っ!
超デレデレでした(笑)
とにかく迫りまくってきますよー/////
きゃーーーっ!!!
怒られてしょんぼりするカナデが
ものすごく愛おしいですよ〜v
カナデ、ラブーーーvvv
私が何度見ても泣いてしまう
回想シーンでの
カナデのセリフについても
こちらのルートで触れられるんですけど
分かってはいた事でも
改めて言われると
ものすごく泣けてきますねー・・・。
こんなに素直に気持ちを伝えてくるカナデを
愛さずにはいられませんっ!
カナデを攻略した後に
他の男の子は攻略できないな・・・
というくらいカナデラブですv

3つ目のエンディングはバッドエンドです。
こちらはラブシーン無しです。
少しだけ気持ちが近付いたはず
だったんですけど
素直になれなくて
やっぱり駄目だった・・・という感じです。

4つ目のエンディングは
グッドエンドです。
ラブシーンはありません。
こちらは自分から告白します。
それまでにカナデから
ちょっと良い感じになるシーンも
あるんですけどねー・・・。
卒業式で自分から告白して
カナデとカップルになりましたv
告白に対して応えてくれる
カナデのセリフは
グッときますvvv

5つ目のエンディングは
ハッピーエンドです。
ストーリーとしては
3つ目から5つ目は
ほぼ同じ感じで進んでいって
こちらもラブシーンは無いんですけど
カナデ視点で進んでいくシーンがあって
これはかなりときめきましたvvv
カナデーvv
ストーリーやカナデのセリフには
結構切なかったりキュンとくるものが多くて
どんなストーリーでも
ホントに飽きませんね〜(笑)
もともとカナデが好きなんですけど
ますます好きになりますよ〜vvv

カナデのエンディングのセリフを聞くと
今回のタイトルの意味が
何となくわかりますねー・・・。
やっぱりカナデが本命という感じがします。
エンディング曲後のエピローグが
短いんですけど
いろいろと想像を掻き立てられて
良かったです♪


追加ディスクはこちらです。
すみれの蕾 Fan Disk 〜ウェディング大作戦〜




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。