2010年05月06日

Riddle Garden(リドル ガーデン):ブラッドリー・アルマンド(開くルートバッドエンド1)

Riddle Garden(リドル ガーデン)
ブラッドリー・アルマンド
(開くルートバッドエンド1)を攻略しました。

Riddle Garden

キャストはこちらです。
エリック・アンダーソン(CV:沖野靖広) 
キース・ランバート(CV:大石恵三)
オーランド・レイ(CV:小次郎)
フィル・マーティン(CV:コシヒカル)
ブラッドリー・アルマンド(CV:獅子晴戸)
アゼル・リプソン(CV:かとういつき)
敬称略。


続きからです。



開くルートのブラッドリーが
これまたたまらないですね〜vv
ブラッドリーと気持ちが通じ合ったシーンは
もう泣けて泣けてたまりませんでしたv
ブラッドリーラブ〜〜vvv
物腰柔らかでいつも穏やかに微笑んでいて
それでいて芯が通った強さも感じて
すごくときめきましたv
ラブシーンも開くルートの方が
私好みだった気がします。
開くルートのブラッドリーは
少し控えめなので
ちょっともどかしい部分もあるんですけど
そこが紳士的なところでもありますしねー・・・。
好きになると
どんなところも良く思えるものですね・・・(笑)
恋は盲目です。

最初のラブシーンでは
告白は自分の方からになるんですけど
紳士のブラッドリーとは思えない
積極的なブラッドリーに
ものすごく萌えました
よ〜〜v
ブラッドリーからこんなセリフが・・・
と思えるような言葉が
これまた妙にエロスを感じて
ドキドキでした・・・。

エンディングは
開くルートが4種類で
バッドエンド2種類とグッドエンド、
ハッピーエンドとなります。
閉じるルートがバッドエンド2つと
ハッピーエンド1つの3種類です。

開くルートの1つ目のバッドエンドは
悲恋エンドと言う感じでした。
ブラッドリーが豹変したり
裏切られたりというものでは無かったので
私的にはショックは大きく無かったんですけど
精神的に重いエンディングですねー。
ブラッドリーが最後まで
愛してくれたのが救いなのか
不幸の始まりなのか・・・。
複雑な気持ちになるエンディングでした。


☆おまけ情報☆
Riddle Garden メモリアルアルバム (B’s‐LOG COLLECTION)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。