2010年05月09日

Riddle Garden(リドル ガーデン):フィル・マーティン(開くルートバッドエンド1)

Riddle Garden(リドル ガーデン)
フィル・マーティン
(開くルートバッドエンド1)を攻略しました。

Riddle Garden

キャストはこちらです。
エリック・アンダーソン(CV:沖野靖広) 
キース・ランバート(CV:大石恵三)
オーランド・レイ(CV:小次郎)
フィル・マーティン(CV:コシヒカル)
ブラッドリー・アルマンド(CV:獅子晴戸)
アゼル・リプソン(CV:かとういつき)
敬称略。


続きからです。



優しいブラッドリーの後で
フィルはいろいろとショックが大きかったです。
明らかに攻略する順番を
間違えた気がしました(笑)
まず初対面から印象最悪です・・・。
初対面で押し倒すって・・・。
フィルーっ!!!
フィルとはまともな会話が成り立たなくて
常に威圧的で怖いんですけど
ただそこがなぜか妙に笑えるんですよ〜っ!
フィルの一言は怒っているみたいで
怖いんですけど
どこがズレていて
思わず笑いがこみあげてくるので
そこは救いだった気がします。
フィルの行動は謎が多すぎて
続きが気になって
仕方無かったのも事実ですねー。

前半はフィルとのすれ違う会話に
爆笑の連続だったんですけど
中盤以降は切ないシーンの連続でした。
フィルの気持ちがさっぱり理解できなくて
気持ちも沈みましたしねー・・・。
しかもハッキリと興味が無い様な事を
言われたり
血筋だけが目当ての様な事を言われて
ものすごくへこみました。
全く気持ちが通じる気配が
無かったところで
今回はエリックがエンジェル役でした。
エリックラブな私としては
正直複雑な気持ちでしたけど
優しく諭すエリックの言葉は
すごく胸に響いてうるっときました。

フィルとはすれ違ってばかり
だったんですけど
気持ちが通じた時は
泣けて泣けてたまりませんでしたv
急に優しくなってズルイですよ〜っ!!!

エンディングは7種類で
開くルートで
バッドエンド2種類と
ハッピーエンド1種類の3種類、
閉じるルートで
バッドエンド3種類とハッピーエンドの4種類、
そのうち1種類はストーリーエンドとして
登録されます。

まず開くルートの1つ目のバッドエンドでは
ラブシーンが1回あるんですけど
いつもイライラしていたフィルの本心が分かって
やっと気持ちが通じた直後だっただけに
すごく幸せなラブシーンでしたv
いつも優しくてラブシーンになると
イジワルになった
ブラッドリーとは対照的に
フィルはすごく優しいんですよ〜vv
ただエンディングが切なすぎました・・・。
フィルーーーっ!!!
優しすぎて悲しすぎました。


☆おまけ情報☆
Riddle Garden メモリアルアルバム (B’s‐LOG COLLECTION)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。