2010年05月13日

Riddle Garden(リドル ガーデン):キース・ランバート(閉じるルートバッドエンド1)

Riddle Garden(リドル ガーデン)
キース・ランバート
(閉じるルートバッドエンド1)を攻略しました。

Riddle Garden

キャストはこちらです。
エリック・アンダーソン(CV:沖野靖広) 
キース・ランバート(CV:大石恵三)
オーランド・レイ(CV:小次郎)
フィル・マーティン(CV:コシヒカル)
ブラッドリー・アルマンド(CV:獅子晴戸)
アゼル・リプソン(CV:かとういつき)
敬称略。


続きからです。



キースは最初は
ちょっとおバカキャラっぽいですねー(笑)
そこが可愛いです。
最初はちょっと警戒しましたし
ナンパっぽい雰囲気がちょっと・・・
って思ったんですけど
大石さんのエンディング曲の
優しい歌声にときめいて
このタイミングでの攻略になりました。
エリックには勝てず・・・。
残念(笑)

キースとの会話は
すごく面白かったです。
この自信家ぶりがたまらないですね〜・・・。
ただ予想外にキースとの恋愛は
早い段階から進んでいって
しかもキースがすごく優しいんですよ〜・・・。
紳士なのは見せかけでは無くて
確かにチャラッとした印象を受けた事も
ありましたけど
それだけではないキースの
気遣いが常に見られて
すごくときめきましたv
フィルにいつもビクビク
させられていただけに
キースは癒されました(笑)

最初はふき出してばかりだった
キースとの会話ですけど
中盤以降は
すごく切ないストーリーになっていて
泣かされっぱなしでした。
キースの気持ちがなかなか信じられなくて
キースから初めて怒鳴られた時は
ビックリしたのと同時に
キースの本気を知って
すごくキュンときました。
まさかキースにここまでハマったり
泣かされたりするとは
ちょっと予想外で
これはハンカチどころか
タオル必須な感じですね・・・。

ラブシーンになると
あの優しかったキースが
まるで別人のようで
ヤキモチを妬くとまさにドSです。
最初のラブシーンはさすがに
優しい感じではありましたけど
結構強引なところもあって
そんなキースもたまりません〜vvv
キースにヤキモチ妬かれるのは
その後のキースを想像して
かなりドキドキでした(笑)

エンディングは
開くルートが
バッドエンド2種類と
ハッピーエンドの3種類、
閉じるルートが
バッドエンドが3種類と
ハッピーエンドの4種類で
バッドエンドのうち
1種類はストーリーエンド
としてエンディングリストには
登録されます。

まず1つ目のバッドエンドは
これは正直傷つきますねー。
キースとのストーリーは
恋愛にとても重点が置かれていて
傷ついたり嬉しい気持ちになったり
切なくなったり
自分でもすごく感情が高まったんですけど
それだけにバッドエンドは
すごくしんどかったです。


☆おまけ情報☆
Riddle Garden メモリアルアルバム (B’s‐LOG COLLECTION)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。