2010年10月17日

プリティ☆ウィッチ☆アカデミー!(10)

プリティ☆ウィッチ☆アカデミー!
攻略中です。

プリティ☆ウィッチ☆アカデミー! 初回限定特典版プリティ☆ウィッチ☆アカデミー!  通常版
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー! 初回限定特典版(左)
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー! 通常版(右)
【限定版特典】
・オリジナルサウンドトラック(CD)…ゲームを彩るサウンドを特別収録!
・ミニ設定資料集(本)…カラー、モノクロ共に書き下ろしを多数収録!
・ボックス仕様パッケージ

キャストはこちらです。
アキト(CV:十利須我里)
ユーリ(CV:大石恵三)
ソイ(CV:蒼月円)
クリシュナ(CV:紫原遙)
カルロス(CV:先割れスプーン)
ゲルハルト(CV:チャラ王鞠夫)
シャルロッテ(CV:波奈束風景)
玉麗(CV:名月もも)
ロミオ(CV:凪原薫)
ジュリエット(CV:佐々木澪)
ハナコ(CV:森野緑)
クロウ(CV:犬神帝)
ベリンダ(CV:夕顔)
マリアンヌ(CV:松田美菜)
敬称略。

続きからです。





第11話でクリシュナとの
初めてのラブシーンがありました。
そろそろ・・・とは思いましたけど
急展開ですねぇー・・・。
アキトが情熱的になったかと思えば
あっさりとあきらめてくれたりで
なんとなく複雑な気持ちなんですけど
クリシュナとは
これでやっとカップル
(この物語では「パートナー」というみたいです)
になりました。

ラブシーンの方は
かなり時間をかけて
丁寧に描かれていました(笑)
でもさすがにユメも
拒み過ぎかな・・・という気も
正直しますねぇー・・・。
11話でクリシュナとパートナーになった後
前半終了という感じで
曲がかかりました。
これでガラッとストーリーが変わるのかな・・・
と思ったんですけど
そのあとは正式にクリシュナと
パートナーになったと言うだけで
クリシュナはソイのままで
後半が始まりました。

ただ違った事は
今まで全く無かった
ソイとのオトナなシーンが
ここへきて急に・・・
(笑)
まさかこんな展開になるとは
思っていなかったですよーっ!!!
クリシュナの都合で
ソイがクリシュナになれるのには
制限がある事もあって
オトナのシーンも
しばらくは無いのかな・・・と思ったら
ソイでも用意されていました・・・。
おぉっと・・・っ!!(笑)
さすがにあまりにお相手が若いので
好みが分かれそうな気もしますねー・・・。
私としては
クリシュナ早く帰ってきてーーー
という気分ですけど
まだまだ先になりそうです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。