2010年11月06日

プリティ☆ウィッチ☆アカデミー!:ゲルハルト

プリティ☆ウィッチ☆アカデミー!
ゲルハルトを攻略しました。

プリティ☆ウィッチ☆アカデミー! 初回限定特典版プリティ☆ウィッチ☆アカデミー!  通常版
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー! 初回限定特典版(左)
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー! 通常版(右)
【限定版特典】
・オリジナルサウンドトラック(CD)…ゲームを彩るサウンドを特別収録!
・ミニ設定資料集(本)…カラー、モノクロ共に書き下ろしを多数収録!
・ボックス仕様パッケージ

キャストはこちらです。
アキト(CV:十利須我里)
ユーリ(CV:大石恵三)
ソイ(CV:蒼月円)
クリシュナ(CV:紫原遙)
カルロス(CV:先割れスプーン)
ゲルハルト(CV:チャラ王鞠夫)
シャルロッテ(CV:波奈束風景)
玉麗(CV:名月もも)
ロミオ(CV:凪原薫)
ジュリエット(CV:佐々木澪)
ハナコ(CV:森野緑)
クロウ(CV:犬神帝)
ベリンダ(CV:夕顔)
マリアンヌ(CV:松田美菜)
敬称略。

続きからです。





1周のボリュームも多いですし
ゲルハルト先生はあきらめて
カルロス先輩に行こうかと思ったんですけど
それもやっぱり勿体ないかな・・・
って思って
ゲルハルト先生も攻略してみました(笑)
やー、あきらめなくて良かったです!
怖いだけの先生かと思っていたんですけど
先生にもやっぱりいろんな事があって
ストーリーは面白かったですし
先生自身にもすぐに興味を持ちました。
先生という表面上の顔を見ているだけでは
分からない事がたくさんあるものですねー・・・。
厳しいかと思えば
落ちこぼれているところを
個人授業をしてくれたり
一人暮らしという事もあって
自炊していたり・・・。
自分でお弁当を作る様な人には
見えませんでしたけどねー(笑)

意外にも優しいゲルハルト先生に
今まで興味無くてゴメンナサイ
と言いたいですねー・・・。
厳しいだけの人だと思っていたら
ゲルハルト先生ルートの
ゲルハルト先生は
まるで別人になってしまったんじゃないかと思うほど
人間味があって

確かにやっぱりあまり会話が続く様な
タイプでは無いですけど
今まで思っていた印象とは
かなり違いました。

基本的な流れはやっぱり同じなんですけど
途中でゲルハルト先生が
学生時代だった頃の話しがあったりで
ゲルハルト先生の完全な片想いだったとはいえ
昔の先生の恋愛話を聞くのは
複雑な気持ちですねー・・・。

最初のラブシーンは
かなり衝撃的でした。
ラブシーン自体も
ゲルハルト先生の本心が分かりにくくて
複雑な気持ちでした。
ユーリとのラブシーンが
かなりラブラブだっただけに
もっと甘いものを期待していたんですよ〜・・・。
衝撃を受けたのは
その後のシーンで
ラブシーンが終わった後の
ゲルハルト先生のスチルです・・・。
せ、せ、先生・・・っ!!!

衝撃的なスチルの後は
しばらく先生のその話題には触れられる事もなく
ゲルハルト先生との仲も
どうみてももてあそばれている様な感じで
ラブシーンもありましたけど
ラブラブでは無いんですよ〜・・・。
むしろアキトとの仲が
これはあくまで「家族」としてになりますけど
良い方向に進展していったのが
ちょっと意外でした。

ゲルハルト先生ルートでは
それまであまり良い印象を持てなかった
べリンダ先生について
かなりイメージが変わりました・・・。
ゲルハルト先生とべリンダ先生とのやりとりは
ちょっとうるっと来ますね〜・・・。
べリンダ先生の過去に関しては
まだ隠されている部分もあるので
そこは若干もやっとはしますけど
膨大なストーリーの中には
主人公だけでは無くて
脇を固めるキャラたち
それぞれにドラマがあって
そこまで描かれているからこそ
ここまでお腹いっぱいになるほどの
ボリュームになっているんだろうな・・・
とも思いました。
細かく見て行くと面白いんですけど
でもやっぱり長いです(笑)

エンディングでは
ちょっと照れた顔のゲルハルト先生が
めちゃめちゃ可愛くて
キュン
ときましたーv
あとはどうしてゲルハルト先生が
名前で呼ぶ事をかたくなに拒否して
苗字で呼ぶ事にこだわったのかも
分かるんですけど
これは感慨深かったです。
エンディングまで
ゲルハルト先生の本心は
全く分からなかったですし
疑っていたくらいですしねー・・・。
愛情の欠片も感じられなかったですよー・・・。
エンディングで急に
ゲルハルト先生が恋愛モードになっても
そこまでの長い過程に対して
あまりにこの急激な変化は
私には信じられなくて
もう少しその前の段階で
ゲルハルト先生が恋愛感情を持ってくれている事が
分かるようなシーンがあった方が
私には分かりやすくて良かったです。

エンディング曲後の
エピローグは最高でした!
いつも冷静で氷の様な先生というイメージだった
ゲルハルト先生とべリンダ先生が
どちらもとても柔らかくなっていて
クロウとのやりとりも面白かったですし
良かったですv
願わくばどこかのシーンで
クロウの呪いが解けて
感動の対面を果たせる時が
あって欲しいなーとは思うんですけど
難しいかもしれないですねー・・・。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。