2011年05月19日

つばさの丘の姫王 A red and blue moon -finite loop-:ティーズ

つばさの丘の姫王 A red and blue moon -finite loop-
ティーズを攻略しました。

つばさの丘の姫王 A red and blue moon -finite loop-

キャストはこちらです。
クリストファー(CV:若宮光太郎)
エドリック(CV:柴木幕流)
八角(CV:いちごみるく)
ティーズ(CV:青島刃)
ダウス(CV:荒木幸男)
ペチュニア(CV:青葉りんご)
ヴィヴィアン(CV:かわしまりの)
敬称略。

続きからです。


さすがエロ担当ですねー。
ダウス、ペチュニア、八角と
3人続けて
ラブシーンの無いキャラを攻略していたので
乙女ゲームだと言う事を
うっかり忘れそうでしたけど
ティーズは一人でラブシーンの回数を
稼いでいました(笑)
スチルが綺麗でやんわりしたものですので
セリフはハードでも
それほどハードに感じなかったんですけど
声優さんの演技だけを言ったら
かなりハードなものもあったかなって思います。
ただラブを感じるラブシーンかと聞かれると
ちょっと違うかなぁという感じもしました。
序盤は完全にお戯れという気がしますねー。
じゃれあっているシーンは
普通の乙女ゲームでしたら
すごくラブラブで良い雰囲気だと思うんですけど
どうしてもヴィヴィアンさまって
遊んでいる様にしか思えなくて・・・。

後半はティーズの気持ちだけでいえば
ラブを感じますけど
ヴィヴィアンからは
残念ですけど
私には気持ちが伝わってこなかったです。
私がヴィヴィアンに感情移入できないからかも
しれませんけど・・・。

ティーズからは複雑な気持ちや
抱えている想いはとても伝わってくるんですけど
どうしても一方通行な感じがしてしまったのが
気になりました。
ティーズを見ていると
とても切ないんですけどねー。

エンディングは1種類で
最後の最後までティーズらしかったと思います。
意味深なシーンで終わっていましたけど
綺麗にまとめてあったかな・・・
って思います。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。