2011年07月12日

蝶の毒 華の鎖:瑞人

蝶の毒 華の鎖 初回限定版
瑞人を攻略しました。

蝶の毒 華の鎖 初回限定版

キャストはこちらです。
斯波純一(CV:茶介)
瑞人(CV:平井達矢)
真島芳樹(CV:大石恵三)
藤田均(CV:チアノーゼ三太夫)
尾崎秀雄(CV:須賀紀哉)
敬称略。

続きからです。


ものすっごく迷ったんですけど
お兄さまをチョイスしてみました。
ストーリールートで
犯人についてはそれほど大きな驚きは
正直無かったものの
その背景には衝撃を受けていたので
これ以上の衝撃は無いだろうと思いきや
お、お兄さま・・・っ!
お兄さまの意外な出自が明らかになって
これは予想していませんでしたので
ものすごく驚きました。
でもいろいろと納得なんですよねー。
お父様がそれほどお母様に執着していたのに
お兄さまが浮気の末の子供って
どうにも腑に落ちなくて・・・。
なるほど・・・でした。

お兄さまはふわふわしていて
優しいところは私の萌えなお兄さまなんですけど
女性にだらしないところが
どうしても気になっていたんですよー!
でも序盤から時折見せる
切なく見つめてくる瞳が
妙にソワソワして気持ちになるんですよー・・・。

エンディングは5種類で
バッドエンド4種類とハッピーエンドです。
これだけエンディング数があるのに
ハッピーエンドが1種類って
すごいですよねー・・・。

まずはバッドエンドですけど
お兄さまからの告白を
受け入れない形で
望まない結婚をしちゃうんですよー!
当然その結果がどうなるかは
分かりきっているんですけど
斯波さんの豹変ぶりもショックでした。

バッドエンドを回避して
お兄さまの気持ちに応えると
やっとキスシーンです(笑)
その後のお兄さまの激甘ぶりが
たまりません〜っ!

もともとお兄さまは甘かったんですけど
甘い方向性が変わるんですよー・・・。
前向きな気持ちになってくれたのも
すごく嬉しいですv

お兄さまと結ばれるシーンは
お兄さまがとても大切にしてくれていた事が
ひしひしと伝わってくる様に
わりと後半の方だったかな・・・って思います。
さすがに慣れているので
若干もやっとした気持ちにもなりますけど
結ばれた後のお兄さまが
ものすごく優しくて
綺麗なお顔で微笑んでいて
それだけでなんでもOKな気持ちになるほど
すごく麗しいんですよー!!!

2つ目のバッドエンドは
お兄さまの薄暗い部分を見てしまって
かなりショックでした。
秀雄さんもこんな形で巻き込まれるなんて
お兄さま、なんという事・・・っ!
秀雄さんが純愛だったので
こういう黒いエンディングは
かなりショックなんですけど
そこがアロマリエさんらしいかな・・・
って思いました。
エンディングはラブシーンですー・・・。
いろいろと精神的に怖いので
苦手な方は要注意です(笑)

3つ目のバッドエンドは
ハッピーエンドを見ると話が繋がるんですけど
先にこちらから見ると
ちょっと謎解き要素もあって
面白いのかな・・・
って思います。
こちらのエンディングでのみ見られる
ラブシーンありですが
精神的に追い詰められますけど
2つ目のバッドエンドに比べると
表現は優しいですねー。
この状況ですごいなーって感じです(笑)

4つ目のバッドエンドは
エンディングではラブシーンがありません。
3つ目のバッドエンドに
ちょっと似ているんですけど
スチルがすごく綺麗で
切ないんですけど
終わり方としては綺麗だったかな・・・
って思います。

ハッピーエンドでは
犯人に一歩近づくエンディングですけど
依然として謎を残す形になっていて
フルコンプして別のアプローチから
犯人に触れて行きたいなーと思う
エンディングでした。
お兄さまについては
いろいろとショックな事も多くて
コメントのしようもないんですけど
なにはともあれ藤田が無事で良かったです(笑)
最終章でラブシーンの追加があります。
貧乏から無事脱出していた事もビックリなんですけど
お兄さまが激しい嫉妬心を見せたりで
かなり萌えですねーv
ラブシーンはかなり激しかったです/////





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。