2011年10月10日

神学校 -Noli me tangere-:ガブリエル・レヴィ(バッドエンド)

神学校 -Noli me tangere-
ガブリエル・レヴィ(バッドエンド)を攻略しました。

神学校 -Noli me tangere- 初回限定版(Amazon特典+予約キャンペーン特典:録り下ろしシステムボイス集付き)神学校 -Noli me tangere- 初回限定版(予約キャンペーン特典:録り下ろしシステムボイス集付き)
【初回版特典】
録り下ろしドラマCD「セントヨハネ女学校物語」
出演:
マイケル・レヴィ(CV:東城直樹)
ガブリエル・レヴィ(CV:東城直樹)
ニール・ローウェル(CV:スモール佐藤)
レオニード・オーウェン(CV:氷河流)
セシル・カワード(CV:空乃太陽)
オーガスト・マクラウド(CV:青島刃)

キャストはこちらです。
マイケル・レヴィ(CV:東城直樹)
ガブリエル・レヴィ(CV:東城直樹)
ニール・ローウェル(CV:スモール佐藤)
レオニード・オーウェン(CV:氷河流)
セシル・カワード(CV:空乃太陽)
オーガスト・マクラウド(CV:青島刃)
アベル・スティプルトン(CV:夕凪孝)
敬称略。

続きからです。


ずっと不思議な感覚を覚える存在だったのが
マイケルの双子の弟の
ガビィでした。
攻略制限がある様で
セシル、レオニード、ニール、
オーガスト神父まで攻略すると
ルートがオープンするみたいです。

基本的にはオーガスト神父のストーリーを
辿りつつ
上手く選択肢を外すと
ガビィルートに入れるようでした。
兄弟でってどうなんだろう・・・
って思ったんですけど
綺麗にまとめてあって
それほど抵抗は無かったです。
オーガスト神父のシーンの方が
よっぽどキツイです・・・。

さすがに兄弟ですので
激しい恋愛感情などは無いんですけど
同室のみんなとの
ワイワイと楽しい時間が共有出来たりで
学校生活を純粋に楽しめる時間が持てたのは
楽しかったです。
ハラハラさせられたり
キツイな・・・と思うシーンも比較的少なくて
いろんな意味でゆったりとした気持ちで
プレイできました。
なによりガビィの真実が
早く知りたくて仕方なかったので
続きがすごく気になっていて
すごく楽しめました。
かなり引っ張られましたけど・・・(笑)

1つ目のバッドエンドでは
今まで見てきたものと基本的には同じなんですけど
最後がちょっと違うので
これでガビィに感じていたもやもやが
ちょっと確信に変わりました。
ただ真実がハッキリと解明されているわけではないので
ますます気になる様には
なりましたけど・・・。

1つ目のバッドエンドを回避すると
いよいよガビィの真実が・・・っ!!
グッと切ないストーリーに変わりましたよ〜・・・。
優しく諭すセシルが
これまた悲しい
んですよー。
でもセシルの事を
すごく好きになりました。
ホントに良い友達ですよね〜。
ガビィルートは
語りたい事はたくさんあるんですけど
まだプレイされていない方が読んでしまうと
楽しみが半分以上無くなりそうで
あまり多くが語れないのが
ちょっともどかしいんですけど
切ないストーリーの中に
すごくいろいろと考えさせられました。

2つ目のバッドエンドは
ちょっと不思議なストーリー展開になっていたんですけど
「悪魔」に幻でも見せられた感じでしょうか??
特にグロテスクな表現も無かったので
バッドエンドですけど
比較的穏やかな気持ちで
見る事は出来ました。
セシルの悲しそうな顔が
切なかった
ですー!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。