2012年04月08日

星の王女〜宇宙意識に目覚めた義経〜:喜三太

星の王女〜宇宙意識に目覚めた義経〜
喜三太を攻略しました。

星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~ 全年齢版星の王女 〜宇宙意識に目覚めた義経〜18禁追加DISC
星の王女〜宇宙意識に目覚めた義経〜 全年齢版
星の王女 〜宇宙意識に目覚めた義経〜18禁追加DISC
(追加ディスクインストールでの攻略です)
Mirai Memorial Box 〜vol.2〜にも
収録されています。

キャストはこちらです。
武蔵坊弁慶(CV:先割れスプーン)
佐藤継信(CV:露骨丸)
佐藤忠信(CV:瀧川大輔)
喜三太(CV:東城直樹)
伊勢三郎義盛(CV:鳳凰院龍彦)
源頼朝(CV:青島刃)
金売り吉次(CV:紀之)
後白河法皇(CV:空野太陽)
文覚(CV:森上ショウ)
遮那王(CV:プログレス)
敬称略。

続きからです。





幼なじみで一番そばにいてくれたと言っても良いのが
喜三太です。
最初から喜三太の気持ちは分かっていて
みんなにも気付かれているんですけど
旅の間はあくまで臣下として
そばに仕えてくれていたんですよねー。
喜三太以外のルートでは
報われないところが
面白いところであり
喜三太ルートでは
切ないところでもあるんですよー。

エンディングは4種類で
バッドエンド2種類とグッドエンド、ハッピーエンドです。
まず2つのルートでは
喜三太に好意を寄せる女の子が
登場するんですけど
それがすこぶる感じ悪いんですよね〜・・・。
オチまで見ると
ちょっと笑えるところもあるんですけどねー(笑)

そして!
喜三太の思いがけない情報が・・・!!
幼なじみで
一番近くにいたというだけで
他の男の子たちに比べて
かなり有利だと思うんですけど
そんな繋がりを持ちだされてしまったら
喜三太に行くしかないですよねー!(笑)
ちなみにこちらバッドルートでも
オトナのラブシーンありです。
ずっと近くにいた人で
かつちょっとコミカル担当っぽい存在だった
喜三太とのラブシーンでありながら
シリアスで情熱的なシーンでした〜/////
ちょっと焦っていると言うか
喜三太がガツガツしているように見えたのは
やっぱり思いの長さのせいでしょうか?(笑)

1つ目のバッドエンドでは
喜三太を結果として傷つけてしまうエンディングで
喜三太の事を想っての事ではあるものの
すれ違ってしまう
切ないエンディングでした。

こちらのルートで分岐する
グッドエンドでは
すでにオトナなシーンが
後半にあった事もあってか
エンディングではすでに子供が・・・っ!!
やっと普通のカップルになって
イチャっと可愛いキスシーンで
終わっていたんですけど
ここまでいろいろありましたし
感慨深かったですー。

もうひとつのルートでは
喜三太の女装が見られたんですけど
BL的な表現のあるシーンがあって
これは私は無くて良かったかな・・・
って思います。
乙女ゲームが好きな方の中には
BLに抵抗が強い方も
いらっしゃると思いますので
乙女ゲームはあくまで乙女ゲームである事を
貫いた方が
私は良いんじゃないかなって思います。
星の王女 3 〜天・地・人の創世記〜の中にも
におわす表現があるシーンがあったので
ちょっと気になったんですよねー。
コミカルなシーンですので
それほど気にならないですけど
特に苦手な方がいらっしゃるようでしたら
ご注意くださいねー。
私は笑ってしまったくらいのシーンでしたけど・・・(笑)

こちらのルートで見られる
2つ目のバッドエンドは
この時代のエンディングとしては
予想できるものでしたけど
切ないすれ違い具合が
とても悲しいですねー。
もう少し自分の気持ちに
早く気付いて喜三太の気持ちに
応えていたら
結果は違ったのかもしれないですね・・・。

ハッピーエンドでは
ラブシーンありです。
ある意味こちらのラブシーンの方が
もうひとつのシーンより
深いかなって私は思いました。
喜三太の変わらない気持ちも
とても伝わってきて
グッときました。

イチャイチャ感があるわけではないんですけど
いろいろと想像をかきたてられるエンディングで
これからは喜三太と普通の姫として
穏やかに過ごせると良いな・・・と
願わずにはいられませんでした。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。