2012年04月18日

星の王女〜宇宙意識に目覚めた義経〜:武蔵坊弁慶

星の王女〜宇宙意識に目覚めた義経〜
武蔵坊弁慶を攻略しました。

星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~ 全年齢版星の王女 〜宇宙意識に目覚めた義経〜18禁追加DISC
星の王女〜宇宙意識に目覚めた義経〜 全年齢版
星の王女 〜宇宙意識に目覚めた義経〜18禁追加DISC
(追加ディスクインストールでの攻略です)
Mirai Memorial Box 〜vol.2〜にも
収録されています。

キャストはこちらです。
武蔵坊弁慶(CV:先割れスプーン)
佐藤継信(CV:露骨丸)
佐藤忠信(CV:瀧川大輔)
喜三太(CV:東城直樹)
伊勢三郎義盛(CV:鳳凰院龍彦)
源頼朝(CV:青島刃)
金売り吉次(CV:紀之)
後白河法皇(CV:空野太陽)
文覚(CV:森上ショウ)
遮那王(CV:プログレス)
敬称略。

続きからです。





当初は弁慶よりも先に
継信さんを攻略しようと思っていたんですけど
継信さんが私のツボっぽい気がして
先に弁慶から攻略しちゃいました(笑)

ちょ!
弁慶ー!!!
聞いてないですよ〜〜!!
子供時代の弁慶
面影がある様で無い様な感じなんですけど
すっごく可愛いかったですーv
兄様はさすがに育ちの良さが感じられて
上品でしたけど
弁慶はやんちゃ風で
素朴な男の子ですねー。
でも性格は良い子でしたし
可愛かったですv

エンディングは6種類で
バッドエンド3種類、グッドエンド2種類と
ベストエンドとなります。
弁慶はルート制限がある様で
特定のエンディングを見ないと
先に進める事が出来ない仕様の様です。
まずは1つ目のグッドエンドですけど
こちらは弁慶とカップルになるんですけど
オトナのシーンはありません〜・・・。
でもすごく感動的なエンディングで
私は思わず泣けました!!
ここに至るまでには
他のルートでもすでに見ていたとはいえ
継信を失ったり
いろいろとあったんですけど
その継信を失う前に
継信の傷心イベントもあるんですよ〜!
これは思わずニヤニヤしちゃいました!!
継信さんには申し訳ないですけど・・・(笑)
弁慶とのエンディングは
スチルがすっごく綺麗でした!!
お互いずっと想いあっていながら
その想いを隠して来たその長い時間も含めて
気持ちが通じ合ったという
時間の積み重ねもあって
すごく感動的でした。
弁慶が想い出の女の子ではなくて
義経をいつから好きでいてくれたのかは
気になるところでしたけどねー。

1つ目のバッドエンドは
2つ目のグッドエンドと同じように進んで行くんですけど
結末が悲恋でした。
オトナのシーンもあります。
女性としてというか
恋愛を取ると言う意味では
ありなのかもしれないんですけど
正直これはどうなのかな・・・
って考えさせられました。
気持ちは全く分からないと言う事ではないんですけど
やっぱりここは弁慶の言葉に従って
逃げる事を選択する方が
良かったのかなぁって思います。
母親である前に
女性であることを選んだというのが
ちょっと難しいエンディングだったかと思います。

2つ目のバッドエンドは
弁慶の忠告も聞かず
頼朝の元に出向いてバッドエンド・・・です。
噂の域ですので
本当のところは想像におまかせ・・・
になってしまいますけど
テキスト通りに読みとれば
一人だけ生き残って
静かに暮らすという
悲しいエンディングでした。
ただ歴史的には
面白い描かれ方だなって思います。

3つ目のバッドエンドは
わりと有名な弁慶のシーンが
描かれています。
おそらく公式としては
弁慶がベストカップル設定なんじゃないのかなぁ
って思ったんですけど
美蕾さんは本命キャラには
厳しいですねー。
なかなか幸せにしてもらえませんでした。
1つ目のバッドエンドでは
弁慶と共にある事を選んだんですけど
それを望んでも叶わなかったという感じの
エンディングでした。
最後の弁慶の優しい顔と声が
悲しい気持ちをより大きくさせました。

2つ目のグッドエンドは
エンディング後にオトナの追加シーンありです。
展開としては
2つ目のバッドエンドと同じように進むので
間違えたかとハラハラしたんですけど
弁慶にさらいに来てもらって
普通の女性として
弁慶と生きていくエンディングになっていました。
ホント、良かったですー!!
元家来ではありますけど
オトナなシーンでは
終始弁慶のペースで
男らしい弁慶に超ときめきですvv
露出は少な目でしたけど
綺麗な演出で
弁慶がとても大切にしてくれるので
すごく幸せでしたー!

ベストエンドは
1つ目のグッドエンドを見た後
そのまま進めてみる事が出来ます。
こちらはオトナのシーンありです。
すっごく泣けましたー!!!
身体だけではなくて
懐も深くて大きな弁慶に包まれて
すごく感動的でした。
弁慶との関係を
幼なじみとか主と家来の関係から
一歩進めるのは
自分の方からなんですけど
素直に甘えてみると
その気持ちに応えてくれて
そのまま弁慶とオトナな関係になっちゃいましたv
無骨な弁慶が
ちょっと慣れている感じだったのは
気になるところですけど
大人の男性という感じで
優しくリードしてくれましたーvv
私的にはその時よりも
その後の弁慶が雪だるまを枕元に置いてくれたシーンが
すごくグッときました。
あの弁慶が雪だるまを作ってくれたというのも
想像するとちょっとほほえましいんですよね〜。

エンディングでは
追手を逃れて
弁慶を普通の家族として
幸せに暮らしていて
弁慶の頼れる優しい男性としての姿が
とても弁慶らしいエンディングだったと思いますし
すごく幸せなエンディングだったと思います。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。