2012年07月15日

PersonA 〜オペラ座の怪人〜:ラウル

PersonA 〜オペラ座の怪人〜
ラウルを攻略しました。

PersonA 〜オペラ座の怪人〜
PersonA 〜オペラ座の怪人〜

キャストはこちらです。
オペラ座の怪人(CV:大石恵三)
ラウル・ド・シャニー(CV:)
フィリップ・ド・シャニー(CV:青島刃)
フィルマン・リシャール(CV:桜ひろし)
レミィ(CV:先割れスプーン)
ダロガ(CV:堀川忍)
リュカ(CV:下田ヒロシとハッピーターンズ)
敬称略。

続きからです。





子供の頃から一途に想ってくれている
誠実なラウルが大好きですーv
おかげでフィリップルートは
私には辛いものが多かったです・・・。
ラウルはどのストーリーでも
一貫してずっと想ってくれていて
その気持ちがすごくピュアなんですよ〜・・・。
大切にしてくれている事が
ラウルからはいつも感じられて
穏やかな気持ちになれますねー。

そんなことを言いながらも
ラウルバッドの
怪人とのバトルは萌えでしたv
エンディングは7種類で
バッドエンド5種類と
グッドエンドとハッピーエンドとなります。

まず1つ目のバッドエンドですけど
怪人がどうして執着しているのかが
今の段階ではさっぱり分からないので
ちょっとモヤモヤするんですけど
それでも怪人は萌えです!
バッドエンドでは
さすがにこの結末は無いよなぁ・・・
ってくらい
ラウルにとってはもちろんですけど
怪人にとっても
切ないストーリーでした。

2つ目のバッドエンドでは
怪人から迫られて
大人の関係になるんですけど
こちらテキストのみです・・・。
えぇー!!!
怪人とはおあずけですか〜〜・・・。
怪人好きなので
迫られるたびにときめくんですけどねー・・・(笑)
ただこちらのルートは
ラウルが大変な事に・・・。
優しいラウルがどんどん病んで行って
正直辛かったですー。
エンディングはもしかして・・・
という嫌〜な予感が
的中しちゃいましたよー!
ラウルの病み方がハンパ無かったので
こういうエンディングもあるかもって
思っていたんですよねー・・・。
ここまで私のキュンレーダーに反応しなかった
レミィさんと急接近で
レミィさんがいろいろと心配してくれるそぶりに
妙にときめきーv

ラウルはちょっと私的に残念ですけど
思わぬところに収穫があったので
まぁ良かったのかな・・・(笑)

2つ目のバッドエンドから分岐して
もうひとつバッドエンドがありますけど
こちらはエンディング曲がかかりました・・・。
でもどうみてもバッドですねー。
ラウルの病み方はこちらも怖いです・・・。
問答無用、手段を選ばない感じで
優しくてイキイキした笑顔が魅力的だったラウルが
こんな風に変わってしまうなんて
私は悲しいです!

怪人とオトナの関係になっちゃうルートは
全てバッドエンドですねー。
どんな風にしても
ラウルは病んで
病んだまま変わらなかったです・・・。
5つ目のバッドエンドも
ラウルが変わる事はなく・・・。
優しくておおらかなラウルが好きだったので
こちらのルートはキツイです〜・・・。
ラウルが病んだバッドエンドだけで
4つもありましたよー!!!

グッド?エンドは
こちらものすごく気になるエンディングでした。
怪人の事では全く進展が無く
モヤモヤしているところに加えて
意外なダークホース現るじゃないですか〜〜!
ラウルとの関係だけで言えば
ハッピーエンドで
ホッとしたのもつかの間
エンディング曲後のこの展開!!!
超気になるーーー!
恋愛だけでは無くて
謎解きもあるので
すごく面白いです〜。

こちらエンディングは
分岐していて
よりハッピーに近いものもあるんですけど
エンディング曲後のストーリーが
同じだったところをみると
どうやらハッピーではないみたいでした。
グッド止まりかな・・・?
エンディング曲後にストーリーが始まった時は
ちょっとテンション上がったんですけどね〜・・・。
ラウルとのラブラブウェディングは
すごく良かったですーv
ラウルはやっぱり
こういう優しい笑顔が一番ですー!!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。