2012年10月28日

トリック・オア・アリス:ライト(夢の世界エンド)

トリック・オア・アリス
ライト(夢の世界エンド)を攻略しました。

トリック・オア・アリス
トリック・オア・アリス

キャストはこちらです。
黒うさぎ/水無瀬静久(CV:皇帝)
チェシャ/黒谷南緒(CV:柏木誉)
ライト/上条朝霧(CV:野次馬根性)
シャドウ/上条遠夜(CV:野次馬根性)
ラウンド/如月蓮(CV:三酉)
クロノ/時任司(CV:ほうでん亭ガツ)
エリザベス(CV:紀之)
ハートの女王(CV:篠崎双葉)
タイム(CV:茶谷やすら)
敬称略。

続きからです。





私は断然ライト派です!(笑)
シャドウの病みっぷりは
好きな方には好きなのかなって思うんですけど
私はシャドウルートでも
ずっとライトが好きでしたvv
ムスッとしていて
愛想は悪いですけど
時々表情も変えずに冗談を言ってきたり
ルートに入って
ライトと過ごす時間が増えると
表情も柔らかくなって
気遣う様な様子も見せてくれましたし
まだ恋愛に発展する前の段階でも
ライトのちょっとした表情の変化が嬉しくて
一人でテンションをあげていましたv

ライトは会話が多い子では無い上に
シャドウからライトから嫌われていると
聞かされていたので
なかなかライトの気持ちが分からなくて
ヤキモキさせられました・・・。
それなのに突然キスしてきたと思ったら
それが好きだからとは決して言ってくれないどころか
キスした事を謝られたりして
気持ちは揺さぶられるのに
想いは届かずといった具合で
ライトと気持ちが通じ合うまでの
不安感とか
同じ時間を過ごせた時の気持ちの高ぶりとか
片想いしている時の
嬉しい様な切ない様な気持ちが
すごくときめきましたv
まさに恋愛してる!と言う感じですね〜。

ライトは言葉よりも先に行動・・・
だったので
ライトに限って遊びで軽はずみな事を
する人では無い事は
分かっていましたけど
それでも気持ちを聞けるまでは
ちょっとドキドキでしたv
でもライトから「好き」の気持ちが聞けた時の
そのライトの言葉は
すごくグッときました!!

そしてライトは
一旦スイッチ入ったら
あとはイケイケ
でしたよ〜!(笑)
時々シャドウの影におびえる事は
ありましたけど
会えばとりあえずイチャイチャですー/////
めっちゃ好きなので
仕方ないですけど・・・。
最初のオトナなシーンは
スチルが妙に気になって
ライトの気遣いとか優しさは
すごく嬉しかったんですけど
集中力が半減したのが
ちょっと残念です〜・・・。
もうちょっとどうにかならなかったのかな・・・?(苦笑)

直後(笑)のオトナなシーンは
優しいのは相変わらずなんですけど
初めての時とは違って
妙にエロく迫って来たライトが
印象的でした!
直後のシーンとは言え
どうやら初めてからこのシーンまで
会えばイチャイチャしていたみたいで
場数を踏んで男性として
自信がついたみたいなライトが
妙に男らしく感じました/////
最初はおそるおそる・・・な感じだったんですよ〜!
ところがすっかり・・・(笑)
でもどんなに身体を重ねても
ライトはいつも気づかってくれて
自分本位にならないんですよねー・・・。
ホント優しいんですよ〜!!

ライトルートは
最初こそラブラブで
ウキウキした気持ちになるストーリーでしたけど
後半はむちゃくちゃ泣けました〜!!
先にシャドウルートを見ていたせいも
あったかもしれないんですけどねー。
シャドウの想いも
ライトルートから見ていたら
キツイだけになってしまったかな
って思うんですけど
シャドウの想いも分かって
切なくて苦しいですし
どんなに自分に辛く当っても
シャドウを大切に想う気持ちは変わらない
ライトの届かない想いも切なかったですし
とにかく泣けて泣けて仕方なかったです・・・。
ライトとの恋愛を応援する
お兄さんチームの黒うさぎとチェシャの気持ちも
あったかくて泣けましたし
いろんな涙が出るストーリーでした。

エンディングは5種類で
バッドエンド3種類と
ハッピーエンド2種類となります。

夢の世界のバッドエンドは
三角関係の結末が
シャドウ有利に働くエンディングで
これはキツイですよ〜・・・。
切ない表情で見つめるライトに
胸が締め付けられる思いでした・・・。
かなり精神的なダメージが・・・。

夢の世界のハッピーエンドでは
最後のスチルのシャドウが
さすがにちょっぴり可哀そうな気もしました。
このエンディングにたどり着くまでには
シャドウとライトの間に
おそらく話し合いもあったと思いますし
シャドウはシャドウで
諦めたり納得したり
いろんな葛藤もあったと思いますけど
そのあたりが描かれていないので
シャドウとのイチャっとしているところを
目の前で見せられたら
さすがにちょっと可哀そうかなぁ
って思うんですよね〜。
あんなに執着して
病んじゃうくらいですし・・・。
ライトが好きな私でも
ちょっとシャドウに同情しちゃったので
シャドウが好きな方は
どう感じたのかなぁ・・・。
一旦ライトと離れることになった時は
またバッドエンドかと思って
泣けてきましたけど
無事エンディングを迎えられて
ホントに良かったですー!
あのシャドウを更生できたのも
大きな収穫でしたv



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。