2007年11月18日

カイル、よくぞここまで!!:アンダーザムーン

Under the moon(アンダーザムーン)
カイル(エンディングC)を攻略しました。

Under the moon

攻略対象者はこちらです。
レニ(杉崎和哉)
セイジュ(浅野要二)
カイル(萩道彦)
天宮瀬名(空野太陽)
ゼロ(安芸怜須ケン)
ユナン(プログレス)

敬称略。

続きからです。

瀬名の時は愛憎ルートって苦手だな・・・
と思ったルートだったのですが
カイルの愛憎ルートは結構どころか
かなり萌えましたー!
やっぱりカイルはかなり好きですね〜。

ラスト直前まで激しいラブシーンもなくて
普通の乙女ゲームの感覚で楽しめました♪
激しいものをお求めの方にとっては
ちょっと物足りなく感じるかもしれませんね・・・。
私は楽しかったです。
とにかく可愛いんですよ〜///
それでいてとっても切ないんです・・・。
カイルの「男性として」見てもらいたい
という気持ちがとても伝わってきて
本当に泣けてたまりませんでした。

ずっと一途に想っていてくれた事もとても嬉しかったですし
それこそよくぞここまで我慢して
優しいナイトを演じてくれていた!

と感激すら覚えます(笑)
そんなカイルの豹変は納得も出来たので
カイルを怖いとかそういう風には思わなかったです。
穏やかなカイルの愛情もすごく好きで
ずっとこのまま普通(?)の乙女ゲームのような
キスだけでドキドキ・・・的なエンディングでも
良かったぐらいに
私は思ってしまったのですけど
大人的な愛情もこの展開というか
カイルだからかもしれませんけど
私はすんなり許すことができました。

エンディングでは幸せな結末になるわけがない
このルート見るのが
とても辛くなってしまって
最後の選択肢をチョイスできそうもなかったのですが
これもコンプのため・・・と思って
身を切られる思いで進みました。
猫の姿になったカイルの悲しそうな顔が目に焼き付いて
とても泣けてきました。

瀬名が「愛情と欲情を間違えてはいけない
って言っていましたけど
愛憎ルートって欲情ルートって考えると
とてもわかりやすいのかもしれませんね・・・。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。