2008年01月21日

空野さん、万歳〜!!:アンダーザムーン〜つきいろ絵本〜

Under the Moon(アンダーザムーン) 〜つきいろ絵本〜
セナを攻略しました。

Under the Moon 〜つきいろ絵本〜

キャストはこちらです。
レニ(杉崎和哉)
セイジュ(浅野要二)
カイル(萩道彦)
セナ(空野太陽)
ゼロ(安芸怜須ケン)
ユナン(プログレス)
魔王(浜五郎)
敬称略。

続きからです。
セナのエンディングは2種類です。
ひとつはいわゆるバッドエンドとなります。
これはものすごくへこみますね〜・・・。
もともとセナは本編でも私には
ちょっと難しくて
本心がなかなか読めなかったんですよ〜・・・。
腹黒いキャラは本当に難しいです。
バッドエンドについては
際どい所までは行くのですけど
ラブシーンはおあずけです(笑)
この辺りが本編とはかなり違いますね〜・・・。
今回エンディングにはAとかBでは無くて
タイトルが付いています。
ちなみにバッドエンドのタイトルは
「一粒のチョコレート」
です。
こちらで私は完全に
セナはダメだぁ・・・
と思ってしまったぐらいへこみました・・・。

ハッピーエンドのタイトルは
「幸せという名前」
です。
こちらでセナの事を初めて好きになった気がします〜!!
すっごく感動的でした!
セナ自身もすごく良かったのですけど
私はカイルにやっぱり泣けました・・・。
ずっと猫の姿でいるので
もしかしたらあの素敵なカイルの姿には
今回は逢えないのかも・・・
と思ってしまったのですが
これで望みがつながった感じです。
あぁ〜、カイル萌えます!!

肝心なラブシーンですが
シーン自体は1回のみなのですけど
濃いです(笑)
スチル云々よりも空野さんが濃いです!
キスシーンがとても丁寧に描かれていて
長い時間を割いているのですが
これは空野さんの力が非常に大きいと思います。
とにかく濃かったです!

エンディングはふわふわと優しい感じの
ちょっと照れくさくなるぐらいの
ラブラブなエンディングでした。
カイルとの事があって
エンディング直前までメソメソと泣いていたのですが
ものすごく幸せになっていたので
すごく救われた気持ちになりました。
セナの事も好きになりましたし
すごく満足しました♪



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。