2008年02月09日

最後はほのぼのが嬉しい♪:Lamento (ラメント)(バルド2)

Lamento (ラメント)-BEYOND THE VOID-」(BL)
バルドを攻略しました。

Lamento -BEYOND THE VOID- DVD-ROM 通常版

出演声優さんはこちらです。
コノエ(波多野和俊)
ライ(森川智之
アサト(春野風)
バルド(舞幸運)
ラゼル(犬野忠輔)
カルツ(小次郎)
ヴェルグ(オイリーはな)
フラウド(笹沼晃)
リークス(片岡大二郎)
フィリ(桜塚瞬一)
トキノ(木島宇太)
歌うたい(中原茂)
キル(保村真)
ウル(中村悠一)
敬称略。

続きからです。

エンディングに入るまでにラブシーンがもう一度ありますが
今回はきちんと二人・・・というか二匹の気持ちが
しっかりと通じています。
コノエはシャイ(バルドは照れ屋って言っていました)みたいで
しかも不器用なようでバルドからの誘いに対しても
なかなか素直になれないのですけど
BLだとそういうパターンって多いのでしょうか??
学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!」のPS2版を
プレイしたことがありますけど
こちらの主人公の伊藤啓太はわりと素直なタイプでしたね〜。
コノエほどかたくななタイプは初めてです。
学園ヘヴン 〜BOYS LOVE SCRAMBLE〜のPC版」も人気が高い様ですが
ボイスが付いていないので私は未プレイです。
すごくハマっていた時にPC版もプレイしてみようか
とっても迷ったのですけど
結局プレイしないままですね・・・。
追加ディスクでも良いのでボイス仕様が発売されれば
やってみたいゲームです。

バッドエンドでもエンディング曲がかかるのですが
こちらの曲とハッピーエンドのエンディング曲は違うみたいです。
ハッピーエンドではエピローグがすっごく良かったです♪
ハッピーエンドでラブシーンが追加されるとか
そういう事は無いのですけど
コノエとバルドのやりとりがほのぼのしていて
すごく可愛かったですし
ライもあいかわらずな調子ではあるのですが
明らかに態度が柔らかくなっていて
みんながハッピーな日常を送っていると言う感じでした。
コノエの事に関しては
若干不安要素も残っていて
全くのハッピーと言うわけにはいかなかったですけど
穏やかな日常を取り戻していて
ホッとしました♪
悪魔たちの去り際も可愛かったです〜☆
ヴェルグは最後まで笑わせてくれました!
ヴェルグルート以外のヴェルグはすっごく面白くて
私結構好きなんですよ〜(笑)

私は基本的に声優さんのファンなので
キャラソンには興味があっても
サントラ」には興味がないのですけど
それでも今回のLamentoだけは音楽にもすごく興味があります。
サントラも当然あるよな〜と思って探してみたら
やっぱりありました。
Lamento O.S.T. (ラメント オリジナルサウンドトラック)
-The World Devoid Of Emotion-

Lamento O.S.T. -The World Devoid Of Emotion-
ゲームしながら自然とリズムをとっていたりして
わりとノリノリでプレイしていた気がします(笑)
雰囲気をすごく盛り上げていたな〜としみじみ思いました。
私は「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
(私はPS2版のみプレイ済みです)
の音楽も好きでオープニング曲とか
金子が登場する時にかかる「不夜城」と言うタイトルの曲が
すごく好きだったのを思い出しました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。