2008年03月10日

猫舌なライも大好き!:Lamento(ラメント)(ライ2)

Lamento (ラメント)-BEYOND THE VOID-」(BL)
ライを攻略しました。

Lamento -BEYOND THE VOID- DVD-ROM 通常版

出演声優さんはこちらです。
コノエ(波多野和俊)
ライ(森川智之
アサト(春野風)
バルド(舞幸運)
ラゼル(犬野忠輔)
カルツ(小次郎)
ヴェルグ(オイリーはな)
フラウド(笹沼晃)
リークス(片岡大二郎)
フィリ(桜塚瞬一)
トキノ(木島宇太)
歌うたい(中原茂)
キル(保村真)
ウル(中村悠一)
敬称略。

続きからです。

ライとの最初のラブシーンでは
アサトやバルドの時ときっかけは同じなのですけど
気持ちの面で少し違う気がします。
やっぱり戸惑ってはいるみたいなのですが
ライの事をすでに意識し始めている状態で始まっていくので
ドキドキ感が全然違いますね〜・・・。
ライはほとんど何も言わないので
それはちょっぴり残念でしたけど
その分ラブシーンの後で
ちょっとした萌えイベントが用意されていて
具合を悪くしたコノエを優しく気遣うシーンがありました。
いつもぶっきらぼうで不機嫌極まりないライだからこそ
こういうちょっとした優しさにクラクラ・・・っと
来てしまうのかもしれませんね〜・・・。
この時のライが最高に大好きです!!

あとはコノエと一緒に火楼の村へ戻って行った帰りの
ショックを受けたコノエに対して
特に何か言葉をかけるわけではないのですけど
そっとふかふかで大きなしっぽを
そっとコノエに寄せたライの
優しくて大きく包んでくれるような仕草に
グッときました〜/////

ライのバッドエンディングは
スチルがカッコ良かったので
見て良かったかな〜と思うのですけど
やっぱり気持ちの良いものではありませんね・・・。
ただアサトのバッドエンドに比べて
ライの容姿が変わってしまっても
気持ちは残っているような感じだったので
まだ救われたかな〜と思います。

ハッピーエンドではちょっとドキドキのシーンもありつつ
今までで一番スッキリとハッピーな気持ちになった
エンディングだったかな〜と思います♪
やっぱりライルートが本命と言うような感じがしますね〜。
とにかくライはカッコ良かったですし
ライの前だとコノエもすっごく可愛いんですよ〜vv
最後のスチルのライとコノエもとても雰囲気が良くて
大変満足でした☆☆


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。