2008年03月17日

男らしいカイルにトキメキ!:アンダーザムーン〜つきいろ絵本〜

Under the Moon(アンダーザムーン) 〜つきいろ絵本〜
カイルを攻略しました。

Under the Moon(アンダーザムーン)〜つきいろ絵本〜

キャストはこちらです。
レニ(杉崎和哉)
セイジュ(浅野要二)
カイル(萩道彦)
セナ(空野太陽)
ゼロ(安芸怜須ケン)
ユナン(プログレス)
魔王(浜五郎)
敬称略。

続きからです。
カイルのエンディングは2種類で
「夢か幻かEND」はバッドエンド
「愛の結晶を繋ぐEND」はハッピーエンドです。

私は「Under the moon(アンダーザムーン)」本編では
人型のカイルを初めて見た時から
あのキュートな笑顔にすごく癒されて
すぐ好きになりました。
ラブシーンではかなりドキドキのシーンもあって
可愛いだけじゃないカイルに
ますます好きになったりもしていたのです。
この追加ディスク(「Under the Moon 〜つきいろ絵本〜」)では
お話がすっごく切なくて
それでいてカイルが
すごく優しいお兄さんタイプのキャラになっていたので
まさに私のツボにハマって
わりと序盤からずっと泣いてばかりでした。

バッドエンドではラブシーンはキスまでなので
普通の乙女ゲームの様な感じです。
(ただしキス音はあります(笑))
両想いなのにカイルがあくまで使い魔としての立場を貫くのは
ちょっぴり寂しい反面
そんなカイルにキュンときたりもしました。
魔族と魔物との間に立つ役に自ら志願した時は
カイルに男らしさを感じて
すごくトキメキましたvv

ハッピーエンドルートで
やっとカイルとも結ばれることになるのですが
ラブシーンは回数こそ1度と少なめですけど
やっぱりとても丁寧で濃いですね〜・・・。
(キス程度のイチャイチャするシーンは
何度かあります(笑))
何と言うかバッドエンドルートで
両想いになったにもかかわらず
カイルが一線を越えることを踏みとどまると言う
切ないすれ違い具合が
非常に私のツボだったので
カイルと両想いになれただけで十分満足と言う部分は
正直あるのですけど
それとはまた別に
激しくキスしてくるカイルもまた良かったかな〜
なんて思ったりして・・・(笑)

男らしいカイルと
にっこりと優しい笑顔で笑ってくれる
可愛いカイルの両方を堪能出来て
カイル好きの私としては
非常に満足でした。
バッドエンドルートから先に攻略したのですが
ハッピーエンドルートを攻略しているときにも
すでに知っているはずの内容のテキストでも
やっぱり同じ所で泣いてしまいましたので
切ないお話が好きな人には
気に入ってもらえるかな〜と思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。